CATEGORY LIST>> TOP

- 将来なくなると言われている仕事を続けるべきか否か -

ITの進化は留まるところを知りません。

予想されていた進化の速度を遥かに凌駕して、パソコンとそのソフトウェアは技術革新を進めています。

また昔だとSFの世界の産物だった人工頭脳が誕生し、今では囲碁や将棋で第一線のプロを撃破したり、小説を執筆する、アート作品をゼロから産み出す等、人間の仕事を奪う勢いです。

かつては人間の仕事は絶対にパソコンや人工頭脳に奪われる事がない、という確信がありましたが、ITの進化によってその定説が崩れつつあります。

事務仕事の分野では早々に人間の仕事がパソコンに奪われると予想されていましたが、クリエイティブな分野まで危機に瀕するとは考えられていませんでした。

ITの進化で自分の職業が無くなるのでは、このまま将来パソコンに奪われる仕事をしていて良いものか、と悩む方々もいますが、結論から言えばたとえ人工頭脳が分野に参入するとしても、人間が仕事を続ける意義はあります。

実際にパソコンが人間の仕事を分野内でほぼ全て担う形になったとしても、最初と最後のセンスは人間任せです。

どういった仕事を任せるか、出来上がった作業の質を確認するのは人間の五感無くして出来ません。