CATEGORY LIST>> TOP

- IT技術とAIの価値と未来 -

AIは人々の暮らしを助ける存在として、開発と普及が期待されています。

ロボットやコンピューターは、基本的に人間が操作しなければ使えません。

また従来型の物では予め入力した範囲でしか活動や演算が出来ませんので、自ずと人間の下位互換的な存在になります。

しかし、ITの進化によって、AIが実用化出来るレベルまで発展しました。

かつては人間の曖昧な命令や言葉に上手く反応出来ず、トンチンカンな回答をするのが多かったAIですが、今ではむしろフィジーな質問や指令にも柔軟に対応出来るシステム作りがなされています。

また予めインプットされていない範囲は、自律的に思考し、基本的なデータから柔軟な発想に導き出す、という人の思考に近いAIが誕生しました。

融通が利かない、マニュアルの無い事は一切出来ない、回答の精度が低い等と、かつては評されたAIですが、ITの進化によって既に人間の思考に限りなく近いレベルにまで進化を遂げました。

今後は人の話し相手として、良き友達として、有能な秘書として人間の仕事を上手く代行してくれるでしょう。

元々コンピュータの強みである記憶が実質的に無制限に出来るという強みに、フィジーなアウトプットにも反応出来る柔軟性が加わった結果、人の曖昧な言葉にも臨機応変に対処可能です。

「明日のスケジュールを教えて」や「昨日会った友達にEメールを送りたい」等とパソコンやスマートフォンに依頼すれば、完璧にその仕事を代行してくれる、そんな未来がもうすぐ側まで訪れています。